身体を使うための、

コアのアクティベーション

上半身と下半身を繋ぐ、『コア』を呼び醒ませ

骨盤底筋群、腹横筋、多裂筋、横隔膜。

これらの筋肉は、明確に定義づけられているわけではないものの、4つを1グループにまとめて『コア』と称されることの多い、身体の中心に位置し上半身と下半身を繋ぐ非常に重要なユニットです。

コアはアクティブに使うことで、骨盤と脊柱を適切なポジションに安定させて歪みや代償動作なくバランスを安定させたり、ベンチプレスの様な種目でも上半身と下半身の連動性が増しエネルギーを余すことなく使える様になったりと、身体を動かす上では欠かせない、言葉通り身体の『中心』であり『核』になる機能を持ちます。

アスリートには欠かせない

​コアを支配する力

TMRが多くのプロスポーツチームやトップアスリートに使用されているのは、エキセントリックのエクササイズが実践出来るからだけが理由ではありません。

ウエイトトレーニングなど旧来的なトレーニングの多くが身体の一部に焦点を当てる単関節運動であるのに対して、TMRの主要なトレーニングは下半身にフォーカスをするトレーニングにおいても、上半身をしっかりと支えコントロールするためにコアのアクティベーションが要求されます。

身体を動かすため、スポーツをするためには基礎となるコアのアクティベーションが、ハムストリングのエキセントリックトレーニングなどと同時に行われることで、限りなく実際に求められる動作に近いシチュエーションで身体を鍛えることが可能となるのです。