TMRトレーニング例

滑らない場所でトレーニングを行いましょう。

足元にディスク等を挟ませたり、傾斜をつけることで
より安定して正しい姿勢でトレーニングを行うことが可能です。

大腿四頭筋

1set: 10-20回

  1. TMRを膝裏に当たるように設置する。

  2. 上半身をまっすぐ保ち、両手は腰に当てる。

  3. 膝、股関節が90度になるようにゆっくり上体を落とす。

  4. その場で数秒間キープした後、上体を戻す。

腹筋

1set: 10-20回

  1. TMRを鼠蹊部(股関節のあたり)に当たるように設置する。
  2. つま先に頭が近づいていくように、体幹をゆっくりと曲げていく。
  3. この状態で5-10秒間キープし、ゆっくりと上体を戻す。

背筋-腹筋

1set: 5-10回

  1. TMRが膝裏に当たるように設置する。

  2. 両手は体の横に沿うようにし、体幹が一直線の状態を保ったまま後方に傾けていく。

  3. この状態で5-10秒間キープし、ゆっくりと上体を戻す。

 

*難易度の高いトレーニングなので、はじめはトレーナーの方など、隣でサポートしてもらいながら開始することを推奨します。

腹斜筋

1set: 10-20回

  1. TMRを膝裏に当たるように設置する。

  2. 上半身をまっすぐ保ち、両手は胸の前で組む。

  3. 膝、股関節が90度になるようにゆっくり上体を落とした状態で、体幹を左右に捻る。

  4. その場で数秒間キープした後、上体を戻す。

ハムストリングス

1set: 10-20回

  1. TMRを膝上辺りに当たるように設置する。

  2. 両手を胸の前で組み、体幹が90度になるようにゆっくりを曲げていく。

  3. この状態で5-10秒間キープし、ゆっくりと上体を戻す。

補助ツールの使用方法

付属の延長用ベルトはトレーニング導入時の補助ベルトとしても使用可能。TMRトレーニングに不慣れな方でもベルトを掴みながらトレーニングを行うことで一人で簡単に動作をマスターすることが出来ます。

応用トレーニング例

ディスクやメディシンボール、バランスボールを用いたりすることで負荷量を上げたり、用途によって普段とは全く異なるトレーニングにも応用可能。あなたの想像力でTMRの無限の可能性を引き出しましょう。

TMRトレーニングガイド

図を用いたトレーニングガイドです。

モバイルやタブレット、手元に印刷してご利用ください。

TMR設置・使用上の注意

TMRを使用する際は、十分にその設置場所の強度を確認した上で、TMRを使用しても折れたり、外れたりする心配のない場所で行ってください。

また、トレーニングの強度は易しいものから徐々に行うようにし、強度の高いトレーニングは安全に正しい姿勢で行うためにもトレーナーの方など専門家のサポートの元行うことを推奨いたします。

logo_es_confianza_web_english-1-300x213.
logo_es_confianza_web-1-300x213.png

©2020 TMR WORLD JP

 powered by Training Method Ruf, S.L. & Beist Inc.

tmr-invertido.png

PAYMENT

SNS

#TMRWORLDJP

#カラダヲオコセ